セキュリティ情報

ウイルスについて

 パソコンなどのコンピュータに被害を及ぼすように作られた不正なプログラムを他のプログラムファイルにコピーすることによって増殖する機能をもつことから、人間に感染するウイルスにたとえて、コンピュータウイルス(ウイルス)と呼ばれています。

 感染活動は行わず破壊活動のみを行う「トロイの木馬」や、感染対象ファイルを必要とせず、自己増殖によって感染を広げる「ワーム」と呼ばれる不正プログラムも含まれます。

 コンピュータウイルスに感染すると、自分のパソコンからウイルス付きメールを発信する、パソコンの起動が遅くなる、突然シャットダウンするなどの被害が発生します。感染したウイルスを特定し、全てを駆除することは専門家でも難しい場合があり、状況によっては、OSを再インストールすることになります。

ウイルスに感染する前に、予防対策を行うようにしましょう!

 【参考URL】  ≪経済産業省 通商産業省告示 コンピュータウイルス基準≫

コンピュータウイルスに感染しないために

 普段からウイルス対策をしっかり行い、ウイルスに対する注意を心がけていれば、感染の危険性を少なくすることが出来ます。

  • e-Janのメールアドレスはウイルスチェック機能付き!
    e-Janのメールアドレスは、ウイルスに感染したメールをメールサーバ上で検知するウイルスチェック機能付きなので、安心してご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • メールの怪しい添付ファイルは開かない
    現在では、ウイルスの感染原因のほとんどがメール経由だといわれています。
    心当たりのない不審なメールが送られてきた場合には、絶対に添付ファイルを実行しないようにしましょう。例え信用できる知り合いからのメールでも、その人が感染していることに気づかず、知らないうちに他のパソコンに対してウイルスメールを送信している場合もありますので注意して下さい
  • ブラウザ等のソフトウェアのバージョンを常に最新のものにする
    ウイルスは、WindowsやOutlookExpressなど、たくさんの人に使われているソフトウェアのセキュリティホール(設計時のミスやその他の原因によってソフトウェアに含まれる、安全上の欠陥)を利用すし、感染します。各ソフトメーカーは弱点を修正するためのプログラムを配布しますので、使用している各ソフトのバージョンを常に最新のバージョンにすることにより、感染を防げる場合があります。
  • ウイルス対策ソフトを導入する
    コンピュータウイルスは、電子メール以外にも不正なプログラムを埋め込まれたホームページを閲覧した場合やダウンロードしたファイル・外部記憶媒体(フロッピーディスク、CD-ROM等)を媒介して感染します。より安全にご利用いただく為には、ウイルス対策ソフトを導入されることをおすすめ致します。ウイルス対策ソフトで最新のウイルスを駆除するためには、常に最新の定義ファイルに更新する必要があります。

コンピュータウイルスに感染したら

 ウイルスに感染したままにしておくと、メールなどにより、さらにウイルスの被害を拡大させる原因になります。また、あなたのパソコンが、他人のコンピュータへの不正侵入や不正動作を行う中継点となり、自分の気づかない間に犯罪や迷惑行為の加害者になる可能性もあります。

感染したかも?!と思ったら

ウイルス対策ソフトメーカーの無料のウイルススキャンサービスを利用し、感染したかどうか確認しましょう!

ウイルスに感染したら

 ウイルスに感染した場合、他の人にウイルス送らないように、すぐにパソコンをインターネットまたはネットワークからは切断します。ウイルス対策ソフトを導入し、ウイルスの駆除を行ってください。
  また、世界的に大きな被害をもたらすウイルスなどには、ウイルス対策ソフトのメーカなどで無料の駆除ツールを配布している場合があります。(別の安全なパソコンなどで駆除ツールをダウンロードし、感染したパソコンのウイルスを駆除しましょう。)

ウイルス情報関連サイト

このページの上へ