e-Janからのお知らせ

2015年7月9日
第三者によるIP電話等の不正利用にご注意ください

 平素はe-Janサービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。

 さて、近年IP電話をはじめとする電話サービスが第三者に不正利用され、利用者に高額な国際電話料金の請求がなされる問題が発生しています。
 一般に、このような第三者による電話サービスの不正利用の原因としては、利用通信機器(PBX、IP電話対応のルータなど)において、ネットワークに接続するに当たって必要となる情報セキュリティ上の実装が十分でないことで、第三者のよる「なりすまし」や通信機器の「乗っ取り」が可能であったことが考えられます。

 会員の皆様におかれましては、ご利用中の機器やソフトウェアを提供するメーカーなどにご相談いただき、外部からの接続環境の再確認・パスワードの再設定など、十分なセキュリティ対策を行い、第三者による不正利用にご注意ください。

総務省のHPにおいてもIP電話等の不正利用に関する注意喚起が掲載されております。
「第三者によるIP電話等の不正利用に関する注意喚起」

前のページへ戻る
このページの上へ