IP電話e-Janフォン

内線電話との併用


企業様必見!! 通信コストが大幅に削減できます!


 ■IP電話を使用しない従来通りの場合



社内電話の形態がが上図のようになっている法人様が多いことと思います。この内線回線の設備を流用しつつ、IP電話を併用して通信コストの削減を実現することができます。

【この場合の通信コスト】
 例)160km以上の長距離電話利用  3時間利用した場合  月額 5,400円
   (※NTT料金 160km以上:3分90円)
   (※フレッツADSL月額料金を除く。通話料のみ)

 



 ■IP電話を使用した場合




上図のように、アナログ回線とIP電話用に設備を装着すれば、これまで同様に内線電話機能と併用してIP電話を利用することが可能となります。
※1回線がIP電話回線となります。

【この場合の通信コスト】
 例)160km以上の長距離電話利用 3時間利用した場合 たった月額 450円!!
  (※E-JANフォン利用 国内3分7.5円)
  (※通話先は、一般固定電話の場合)
  (※フレッツADSL月額料金、E-JANフォン基本料金を除く。通話料のみ)

 

詳細は、別途ご相談ください。 


このページの上へ