ホームページ関連サービス

オリジナルカウンター

カウンターの設定

ホームページにカウンターをつけるには、HTMLファイルに以下のタグを追加してください。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001">

(XXXXXX にはユーザー名が入ります)

この指定をするとこのようになります。

オプションの指定

オプションを指定することにより、お好みの表示が可能です。
表示のカスタマイズは、<img src="/cgi-bin/Count.cgi? の後にオプションを「&」または「|」でつなげて指定します。

  • 機能 ( オプション名 )
  • 文字種類の変更 ( df )
  • 枠の色・太さの変更 ( frgb , ft )
  • カウンターの回転 ( degrees )
  • 任意の数字の表示 ( lit )
  • 文字盤色の反転・背景の透明化 ( negate , tr )
  • 桁数の指定・自動調整・コンマで数字を区切る ( md , pad , comma)
  • 年月日・時刻の表示 ( display , dformat , tformat )

オプション一覧

オプションは以下の通りです。

パラメータ 意味 省略時の値
ft=X 枠の太さ。単位はドット。

例)
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&ft=10">


<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&ft=0">

ft=6
frgb=R;G;B 枠の色。RGB各256段階で指定します。

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&frgb=255;0;0">
frgb=100;139;216
tr=N バックグラウンドの透明化。Y は ON。N はOFF。

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&tr=Y">
tr=N
透明化しない
dd=A 文字のスタイルを選択できます。
dd=A:
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&dd=A">


dd=B:
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&dd=B">


dd=C:
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&dd=C">


dd=D:
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&dd=D">


dd=E:
<img src=&quot/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&dd=E">


さらにさまざまな種類のカウンターをご利用になれます。
詳しくはこちらをご覧ください。
用意されているカウンターの種類
dd=A
sh=B sh=F で非表示でカウントのみ行います。 sh=Y
df=data_file カウントファイルの指定。XXXXX.001〜XXXXX.003 を指定してください。(XXXXXにはユーザー名が入ります) display=counter の時は必ずカウントファイルを指定してください。
lit=X X の値を表示します。

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?lit=999999">
(カウントファイルは指定する必要はありません)
無指定
degrees=X 回転します。X には90,180,270,360が入ります。カウントファイルの前に指定してください

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?degrees=90&df=XXXXXX.001">
degrees=270
negate=T negate=T で文字盤の色を反転(RGB level)します。

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?negate=T&df=XXXXXX.001">
無指定
incr=F incr=F または sh=0 でカウントを増やさずに現在の数を表示します。 無指定
md=X カウンターの桁数を指定します。ただし 〜10まで。カウント数が10桁より多い時は自動的に補正。

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?md=10&df=XXXXXX.001">
6桁(増えた分は自動的に補正)
pad=0 pad=0 で桁数を自動的に調整します。

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?pad=0&df=XXXXXX.001">
無指定
comma=T 数字を3桁ずつコンマで区切ります。

例)<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=XXXXXX.001&comma=T">
無指定
display=X
(tformat=24)
counter,clock,dateを選択できます。clock は現在時刻, date は日付です。
ただし、clock や date が使用できるのは、後述の dd=A,D,Eの時のみです。

例)
日付表示
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?display=date">


時刻表示
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?display=clock&dd=D">


(カウントファイルは指定する必要はありません)
display=counter
dformat=X display=date を指定した時に有効です。X の部分には MMDDYY(Month-Day-Year) dformat=YYMMDD などと書きます。

例)
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?display=date&dformat=YYMMDD">
←日本式日付
dformat=MMDDYY
tformat=24 display=clock を指定した時に有効です。
時刻が24時間表示になります。

例)
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?display=clock&tformat=24">
無指定
timezone=X タイムゾーンの設定です。世界標準時にする時は timezone=GMT です。日本標準時は timezone=GMT-9 にします。(通常は設定しません) そのサイトの時間になります