よくある質問

迷惑メールフィルタリングサービス

会員様のメールアドレス宛に届いたメール1件1件について、迷惑メール自動判定システム「SPAM WATCHER」による判定を行います。迷惑メールの可能性が高いメールに対して、メールの件名の先頭に[MEIWAKU]と表記します。
ご利用のメールソフトの振り分け機能を使い、件名に[MEIWAKU] と付いたメールを容易に削除済みアイテムなどの別フォルダに振り分けることが可能となります。
メールの標準仕様となっており、無料です。
e-Janでご利用のメールアドレス「*****@jan.ne.jp」「*****@e.jan.ne.jp」すべてとe-Jan独自ドメインホスティングサービスでご利用のメールアドレスが対象となります。
ただし、独自ドメインホスティングサービスの一部のサービスではご利用いただけない場合があります。その場合には、e-Janインターネット事務局までご相談ください。
お手数をお掛けいたしますが、フィルタセンター、もしくはサービス不要お申し込みフォームよりお手続きください。
■E-JAN迷惑メールフィルタリングサービス フィルタセンターの設定ガイド
■迷惑メールフィルタリングサービス サービス不要お申し込みフォーム
Terrace Technologiesが提供するスパム対策ソリューション「SPAM WATCHER」を採用し、Terrace Technologies独自の迷惑メールデータベースにより、迷惑メールかどうかを判断します。また、迷惑メールデータベースは1時間に1回程度更新しており常に最新のデータを利用しています。
迷惑メール自動判定システム「SPAM WATCHER」による判定を採用しております。すべての迷惑メールを正しく判定することを保証するものではありません。
判定によっては、迷惑メールでも正常のメールと判定されたり、正常のメールが迷惑メールとして判定される可能性があります。あらかじめご了承ください。
迷惑メールと判断されたメールは、メールの件名に[MEIWAKU] と表記され、そのままお客様に配信されます。e-Jan側でメールを削除したり、受け取りを拒否することはありません。
変更後のメールアドレスでも、迷惑メールフィルタリングサービスはご利用いただけます。初期設定では、「迷惑メールフィルタリングサービスを利用する」設定となっております。サービスが不要の場合には、不要お申し込みをお願いいたします。
メールアドレス解約と同時に迷惑メールフィルタリングサービスも解約となります。お客様側でのお手続きは必要ございません。
大変申し訳ございませんが、WEBメールには振り分け機能がありません。ご利用のメールソフトの振り分け機能設定をご利用ください。
フィルタセンターより、許可ルールの追加設定をおこなってください。該当するメールのメールアドレスやタイトルなどを登録することにより、次回から[MEIWAKU]と表示されなくなります。
■ E-JAN迷惑メールフィルタリングサービス フィルタセンターの設定ガイド
フィルタセンターより、拒否ルールの追加設定をおこなってください。該当するメールのメールアドレスやタイトル、本文に含まれるワード(言葉)などを登録することにより、次回から[MEIWAKU]と表記されるようになります。
お客様が迷惑メールを受信しなくても済むように、e-Janメールサーバが迷惑メールを検知し、自動的に隔離する「迷惑メールブロックサービス」がございます。このサービスは迷惑メールを削除するのではなく隔離するので、正常メールを誤判断してもフィルタセンターで確認することができます。
■迷惑メールブロックサービスの詳細はこちらをご覧ください。
このページの上へ