独自ドメインライトプラン

ドメインの種類

ドメインは「 abcde.com 」などのような形になりますが、最後の「 com 」 に相当する部分を TLD (トップレベルドメイン) と呼びます。 TLD には大きく分けて二つあります。

ひとつは一般トップレベルドメインと呼ばれる gTLD (generic Top-Level Domain) 、もうひとつは、国別トップレベルドメインと呼ばれる ccTLD (country-code Top-Level Domain) です。
※E-JAN独自ドメインライトプランでは以下5種類のgTLDが取得可能です。

gTLD(generic Top Level Domain)

gTLDは、日本語に訳すと「一般トップレベルドメイン」といいます。これはいずれの国や地域にも属さない国際的なドメインの種類です。gTLDは国際的なインターネット関連機関であるICANNが管理しています。基本的には以下のような意味を持つのですが、現在ではいずれもその種別の範疇を越えて、個人も含めて取得することができます。
  • .com(commercialの略)
    商業用。最も認知度が高いスタンダードなドメイン。
  • .net(networkの略)
    ネットワーク企業用。.comに次いで人気が高いドメイン。
  • .org(organizationの略)
    非営利団体用。グループに最適なドメイン。
  • .biz(Businessの略)
    ビジネスのために生まれたドメイン。.bizは商用利用を想定したドメインなので、.comでは既に登録されていたドメインを登録できるチャンスがあります。
    また.biz = businessという認識が世界的に浸透しているため、.bizを使うことで世界中の人々にあなたのビジネスをアピールすることができます。
  • .info(Infomationの略)
    「インフォメーション」に関わるあらゆるサイトに活用可能。また用途に制限が無く、個人・法人を問わずいくつでもドメイン登録できます。
    など。

ccTLD(country-code Top Level Domain)

<属性型ドメイン(企業、学校、団体など)>
属性型ドメインの取得は1組織1ドメインとなっております。お客様がすでに属性型ドメインをお持ちの場合、新たに取得することはできません。
  • ac.jp(大学等教育機関向け)
    学校教育法及び法律の規定による学校、大学共同利用機関、大学校、職業訓練校、学校法人、職業訓練法人
  • co.jp(一般企業向け)
    株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、特殊会社、その他の会社及び信用金庫、信用組合、外国会社
  • go.jp(政府機関向け)
    日本国の政府機関、各省庁所轄研究所、特殊法人(特殊会社を除く)
    備考:特殊法人はgoドメイン名とorドメイン名のいずれかを選択できる。
  • or.jp(会社以外の団体向け)
    財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、宗教法人、特殊法人(特殊会社を除く)、農業協同組合、生活協同組合、その他ac、co、go、edのいずれにも該当しない日本国法に基づいて設立された法人
  • ad.jp(JPNIC会員向け)
    (a)JPNIC会員が運用するネットワーク
    (b)JPNICがインターネットの運用上必要と認めた組織
  • ne.jp(ネットワークサービス向け)
    日本国内のネットワークサービス提供者が、不特定または多数の利用者に対して営利または非営利で提供するネットワークサービス
  • gr.jp(任意団体向け)
    複数の日本に在住する個人または日本に登記のある法人で構成される任意団体代表者及び副代表者は日本に在住する個人または日本に登記のある法人であること。
  • ed.jp(小・中・高校向け)
    保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校、養護学校、専修学校及び各種学校のうち、主に18歳未満を対象とするもの
<汎用JPドメイン>
取得にあたっては特に制約はなく、日本に住所があれば、会社・団体を問わず個人でも、いくつでも取得可能です。
  • .jp